banner2.jpg

2013年01月15日

多汗症は遺伝しない

多汗症は遺伝するともしないとも言われていますが、実際はどうでしょう。

実は多汗症の原因というのは、いまだに解明されていないと言われています。

ただ、多汗症になる人の多くは何かしらの病気になっていることも多く、
病気と関わりがあるのでは?と言われています。

例えば、糖尿病などがそうです。


また良く言われるのが「精神的」「ストレス」です。

そのため、多汗症が体質でそれが遺伝しているかと言うと、そうではありません。

親が精神的なことで多汗症になっているとしたら、子どもも多汗症になるかも
しれない・・・ということです。

わかりやすく言うと、親が神経質だと子どもも神経質になることがあります。

いつも多汗症を気にしたり、ストレスを感じて多汗症になっていたりすると、
子どもも同じように「なるかもしれない」ということです。

つまり神経質や小さなことを気にするストレスを感じやすい性格が同じなら
同じように多汗症になるかもしれませんが、性格が全然違うのであれば
多汗症にもなりにくいということです。

子どもへの遺伝が気になるなら、子育てで大らかな子供を育ててみては
どうでしょう。



多汗症の本当のこと、知っていますか?



多汗症は遺伝しない
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。